香川県鳶土工連合協会|私たちは登録鳶・土工基幹技能者講習、とび技能検定試験、作業主任者講習を通して鳶・土工事業の技術の向上・経営の促進を目指します

登録鳶・土工基幹技能者講習、とび技能検定試験、作業主任者講習は香川県鳶土工連合協会
特別教育

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育


主催 一般社団法人日本鳶工業連合会
取得資格 6時間講習
18歳以上
1.5時間講習
18歳以上で6ケ月以上の作業従事経験を有する者
日程 平成30年12月23日(日)
平成31年1月20日(日)
講習時間 6時間講習: 8:00-15:00
1.5時間講習: 15:30
講習料 6時間講習 ¥9.500- (税込・テキスト代含む)
1.5時間講習 ¥5.500- (税込・テキスト代含む)


*6時間講習は、実技がありますので、フルハーネスを持参してください。
*各講習定員40名とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。


申請書をダウンロードする


フルハーネス型の安全帯(墜落制止用器具)を用いて作業する労働者に対して、特別教育が義務化されます!

厚生労働省は、2018年6月に、関係する政令・省令等を一部改正しました。これにより2019年2月1日以降、一定の作業においてはフルハーネス型の安全帯(墜落制止用器具)を労働者に使用させることや、当該労働者に対し特別教育を行うことが事業者に義務付けられました。

今回の法改正は、諸外国や国際標準化機構(ISO)の動向を踏まえ、墜落などの労働災害を減らし、安全性の向上を図るものです。

2019年2月1日より施行

①「安全帯」の名称は「墜落制止用器具」に変更
従来の安全帯のうち 「胴ベルト型(U字つり)」は、墜落制止用器具から除かれました。

②墜落制止用器具は「フルハーネス型」の使用が原則
ただし、フルハーネス型の着用者が地面に到達するおそれのある場合(高さ6.75m以下)は、「胴ベルト(一本つり)型」の使用ができる。

③特別教育の義務化
該当業務(※1)を行う労働者は、特別教育(学科4.5h+実技1.5h)を受講する必要があります。ただし、一定の条件のもとに教育の一部を省略することが可能な場合があります。

※すでにフルハーネス型の安全帯の使用経験が6月以上ある方は、講習の内容を一部省略できる可能性があります。


一覧に戻る

sitemap|サイトマップ
協会について 香川鳶連とは 会長あいさつ 協会概要 協会からのお知らせ
協会の活動 協会の活動(バックナンバー) 福祉活動の取り組み 広報活動の取り組み
技能検定・講習について 技能・講習(TOP) とび技能検定試験 作業主任者講習 とび・土工基幹技能者
会員について 会員情報(TOP) 高松地区 坂出・綾歌地区 丸亀地区
仲多度・善通寺地区 三豊・観音寺地区 賛助会員
協会通信について 今月の顔 今月の顔(バックナンバー) 香川鳶連通信 会員専用
その他 プライバシーポリシー リンク お問い合わせ アクセス
Copyright(C) 2007- 香川県鳶土工連合協会. All Rights Reserved.|Produced by CONTINENT.Inc
香川県鳶土工連合協会香川県鳶土工連合協会お気軽にお電話くださいTEL:0877-43-2050お問い合わせ会員ログイン

PAGE TOP

ホームページ制作は株式会社コンチネント